耐久性

白い外壁

長年の使用で住宅が傷んできたら、外壁塗装をリフォーム工事で行うことになります。
外壁塗装を行うことには美観の維持以外にも複数の良い点があります。
まず1つ目に遮音性を高めることができ、より快適な住環境を実現できることです。
近隣の生活音をより減らすことができますし、往来の激しい道路に面している場合は車やバイクなどの騒音も減らせます。
2つ目のメリットとして、建物の保護ができることです。
住宅は建設してから10年、15年と経過すると塗装なども劣化して、隙間から雨水などが侵入したりと住宅の劣化の原因となります。
しかし塗装を再び行うことで、住宅の保護が再びできます。
他にも遮熱効果や、節電効果なども得られるなど、外壁塗装のメリットは複数あります。

今現在、住宅リフォーム工事会社や、塗装会社が使用している塗料には複数の種類があります。
それらの塗料商品にはそれぞれ特徴があるため、外壁塗装を依頼する前に、商品種類について知っておくことが良い塗装を行う結果にも繋がります。
例えばお金はあまり掛けたくないが、塗装が出来れば剥がれないものが良いという塗料を希望する場合は、ウレタン系の塗料が最適です。
ウレタン系塗料は、密着性に優れているので、長年風雨に晒されても剥がれにくい上に、耐久性もアクリル系の塗料よりも長い特性があります。
また光熱費を安くしたい、あるいは長持ちする塗料が良い、という場合は遮熱塗料が良い選択です。
遮熱塗料は環境に優しく、太陽熱をはじくため外壁の温度も下げて室内を快適に保てるため、光熱費引き下げに繋がります。